名古屋工業大学

名古屋工業大学

 名古屋工業大学はその名の通り中部地区を代表する工科専門大学です。

 

名古屋駅からおよそ15分、緑豊かな鶴舞公園と名古屋大学病院に隣接しています。

 

名古屋工業大学は日本の産業中心地を興し育てることを目的とした中部地区初の官立高等教育機関として設立されました。

 

この地域の新たな産業と文化の旗艦として、革新的な技術を創造し、有為な人材を育成して、社会に貢献することを使命としています。

 

中部地区には自動車産業をはじめ、機械工業、繊維産業、航空宇宙産業など国の重要な産業が集積しています。

 

これらへの知能の供給はこの大学の使命です。

 

これまでもこの地域に対して多大な貢献をしてきました。

 

これから未来に向かって、重大な付託を受けた、開かれた大学として、地域あるいは国際社会にものづくり、人づくりを通じて未来社会の実現に向かって邁進するでしょう。

 

 この大学の特筆すべきことは、産学協力体制にあります。

 

共同研究では大学の研究者と学外の機関などが対等の立場で共通の課題について共同して研究を行う制度です。平成23年度では220件に及んでいます。

 

受託研究は大学の研究者が学外の機関からの委託を受けて研究を実施する制度で、これに要する経費は委託者が負担するものです。平成23年度では79件ありました。

 

他にも科学技術相談、産業技術研修、奨学寄付金制度などがあり。地域産業との積極的な連携により、多くの有益な効果が見られます。

 

 名古屋工業大学人力飛行研究会が2014年7月末に開催予定の第37回鳥人間コンテストで人力プロペラディスタンス部門(航続距離を競う部門)の距離競技に出場が決定しました。

 

初出場です。場所は琵琶湖東岸彦根市松原水泳場です。

 

優秀な成績であれば9月中旬の読売テレビにて全国放送されます。

 

皆さんの応援をよろしく。


ホーム RSS購読 サイトマップ